引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

100円ショップや座布団が便利 【27歳 女性 事務】

      2016/05/11

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s私は今年で27歳になる女性です。今は事務の仕事をしています。学生の時は、都内に上京をしており、一人暮しを経験し、都内で2回くらい引越しをしました。最近では妹が実家に引っ越すことになり、引越しのお手伝いをしていました。

引越しの時はなるべくお金がかからないように、赤帽が一番安かったので机や衣類棚、ベッド、冷蔵庫、靴箱、食器棚、洗濯機、トースター、炊飯器などの大きい電化製品だけ頼んだり、家族が大きいワゴン車に乗っているのでワゴン車に乗せて運ぶときもあります。

100円ショップのアイテム

あとの細かい食器や割れやすいものは100円ショップで、割れないように包むふわふわした用紙が売っているので、それを使って食器を包んでプラスチックの衣類収納箱にいれたり、ダンボールなどはガムテープを必ず+になるように止めたりしています。

そうすると重たい物を運んでもダンボールが崩れることなく運ぶことができます。ふわふわした用紙は1つにつき40枚くらい入っているので一人暮らしであれば1個あれば充分だと思います。衣類や、布団などはかさばるので同じく100円ショップに行って圧縮袋などにいれて運ぶと非常に楽です。

荷物の積み方

後は、引越しで使うダンボールなどはスーパーで大きいものを譲ってもらえるので、少し恥ずかしいですが行ってみると意外とそういう方が多いみたいで快く譲っていただけました。

積み方などは最初に重いダンボール箱やプラスチックの箱や安定するものをおいてから衣類やお風呂用品などを積み込むと運ぶ時にガタガタ言わずに運ぶことができます。

後は窓ガラスの部分まで高さがある場合は座布団を挟んだり、布団を少し残しておいて間に挟んでおくと窓ガラスも安全です。荷物を乗せる下の部分も汚れないようにビニールシートなどを引いておくといいかもしれません。隙間が無いように積み込むことが肝心で安定度合いが全然変わってきます。

重いものは座布団で運ぶ

1a29a4ef83d13f6bb4f80d2805095847_s私は以前引越し屋さんのアルバイトをしていた時期もあり、そこで学んだのは壁などに後がつかないようにビニールシートみたいなもので壁を覆い、重たいものは座布団などを敷いてから重たい物の端っこを置いて引っ張ると、座布団のおかげで滑りやすくなり、スムーズに動かせることができて、床も傷つかずに済むみたいです。

車に乗せる時も重たいものなどは座布団を使って引っ張ると楽に運べるらしいです。最近私が引越しした時もこの裏ワザを使い引越しをしました。

女性一人でも本がいっぱい入っているダンボールなどを運ぶのがかなり楽になりました。もちろん、少し重いですが通常よりはスムーズに運べることができると思います。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , ,