引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

再利用の梱包ボックスが汚い 都内から神奈川県へアート引越センターで引越し 【43歳 専業主婦】

      2016/05/25

引越し40私は43歳前半の専業主婦です。10年近く前、主人の通勤の便を考え新居を購入し、都内から神奈川県の沿岸部の新居へ引越ししました。主人と当時3歳だった子ども、そして私の3人家族での引越しとなりました。利用した業者は、アート引越センターです。業者選定にあたっては、いくつかの引越し業者に見積もりを出してもらい、内容に満足できて、且つ最も安い業者にしようと考えて決めました。

梱包の面でも、いわゆる「おまかせコース」ではなく、可能なことは計画的に自分達で作業した方が気楽で気持ちが良いと考える方です。今回は引越時期を自分たちで決めることができ余裕をもって準備もできる状況でした。ですので、可能な部分は自分で作業するので、その分値段に考慮してもらえるような業者さんを選ぼうと思っていました。また、自己都合の引越であることから(当然のことですが)、主人の会社からの費用負担はありません。

各社担当者に自宅に来ていただき、荷物の量や引越スケジュールを確認・相談、それぞれの見積もりをいただきました。全体の価格面、また自分で作業する分は更にサービスいただけるということで、アート引越センターにお願いすることにしました。大手だったことも安心感につながり、決定の理由の一つになりました。

段ボール・梱包材をいただいて、さぁ荷物詰めです。しかし、ここで疑問に思ったことがあるのです。契約が決まると、荷物の量に合わせて新品の段ボールや梱包材を準備してくださいます。一方、ハンガーボックスやシューズボックス、食器用ボックスなどは新しいものではなく、再利用のものになります。私はこれが気になりました。実は以前、(どの業者を利用したのかは分かりませんが)引越の際にエコボックスを利用した友人の話でちょっとぎょっとすることがあったからです。

彼女は日頃から少しおおざっぱなタイプで、「おまかせコースで引越の際に、埃が付いた食器もカビが付いた靴もそのままの状態で作業の方がどんどんボックスに入れていくから、埃もカビもこっち(転居先)にそのままついてきたよ」と言うのです。もちろん、埃を落としたり、紙などで包んだりということを作業の方に求めているのではなく、利用者の日頃の管理の問題だと思っています。ただ、そういう利用者もいるのに、箱の内部や食器が触れるウレタンはちゃんと清掃・消毒されているのかと気になってしまったのです。

担当の方に確認すると、ウレタン・プラスチックは洗浄するが紙部分は難しいということでした。カビなんか胞子が付着して増殖しますよね。正直その前にどういった状態のものを入れたのかが分からないため、エコではないですが私はボックスを利用せず通常の段ボールと紙材で梱包しました。将来また引越しの機会もあるかもしれませんので、今のサービスはどうなっているのか気になっています。その時の業者さんの回答に不満はありませんが、個人的に気になってしまったので、エコボックスは全て洗浄・消毒できるボックスにしていただきたいです。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - アート引越しセンター , , , , , , , , ,