引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

冷蔵庫の中身はクール宅急便に出して安心! 【44歳 専業主婦】

      2016/05/18

ee36f856c5ad00f33dfc55b193c7435c_s私は44歳の女性で、今は時々単発のアルバイトをする程度の専業主婦です。4年前に引越しをしました。その時、引越し直前に初めて試してみて「これはいい!」と思った裏技を紹介しようと思います。冷蔵庫の中身の話です。

もちろん、引越しまでに余裕を持って計画して冷蔵庫の中身をなるべく少なくしておくのがいちばんだと思いますが、普通に生活しているとそれもなかなか難しい気がします。

わざわざ引越し前に精肉や鮮魚を買うことはないとしても、要冷蔵の調味料や毎日必ず飲んでいる牛乳など、どうしても冷凍庫や冷蔵庫の中を完全に空っぽにするのは至難の業

それまでの引越しでは、結局たくさんの食品が冷蔵庫に残ったままになり、引越し業者さんがひとつひとつ丁寧に内側に保冷効果のある専用の袋に保冷剤を使って詰めてくれていました。ありがたいやら、恥ずかしいやらでした。やっぱり家族以外の人に冷蔵庫の中を見られるのは少し気がひけてしまいます

クール宅急便

101930そこで、前回の引越しの時、引越し業者さんが荷造りに来てくれる前に、ある程度の冷蔵庫の中のものをスーパーでもらってきた発泡スチロールのケースに詰めてクール宅急便に出しました。

送り主も届け先も自分自身です。届け先には引越し先の住所を記入し、引越し後冷蔵庫の電源を入れて数時間後に届くように時間指定をしました。

冷蔵庫の電源を抜いた後、引越し先でまた使えるようになるまでの間、宅急便業者の冷蔵庫で保管しておいてもらったということです。

冷凍庫の中にあったものも同じように別の発泡スチロールのケースに入れてクール宅急便として出しました。これが、本当にありがたかったのです。

まず、本当に引越しの直前まで待たなくても、時間のある時に荷物に出せることが何より都合がよかったです。

それから、引越しを理由に開封済みの調味料や食べかけの食品をもったいないと思いながらも処分する申し訳ない気持ちから少しでも解放されたこともありがたかったです。

前もって冷蔵庫の中身をこの方法で片付けておけば、引越し業者さんに「あと冷蔵庫の中のものは全部処分してください」と言えばいいだけです。

中を見られて何だか恥ずかしいということもありません。前回の引越しで初めて使った裏技(?)ですが、どうしてそれまで気が付かなかったんだろうと不思議に思ったくらいです。

これは、引越しをするという何人かの知人にも教えたらみんなに共感してもらえた主婦にとっては欠かせない引越しのコツです。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , , ,