引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

引越しは正直金額が最も重要です 【30歳 運送業 男性】

      2016/06/06

普通のサラリーマンの私は男性で運送業に勤めております。年齢は30歳で給料的にはまだまだ高給とはいえない生活をしております。なので引越しはとにかく金額が重視です。

この4年で4回引越しをしている私的には普通の一般的な収入の方ならば真っ先に金額を重視すると思います。ですが世の中は残酷で、どんな商品に関しても何も文句を言わない人が一番損する様になっているのです。

なので引越しに関しても本当はもっと安くしてほしいと皆が思っているのですが、皆が甘んじてしまうのですね。私も過去に営業マンをしていた経験があるので分かるのですが、相見積もりをしていないお客様程楽なものは無いのです。相場や知識のあるお客様は本当に厄介で金額も上げにくく、とにかく低額になりやすい傾向にあるのです。

ですので一括見積もりサービスなどを利用して有利な状態を作ったほうがお客さん側としてはよいでしょうね。

引越し料金の相場を調べる

36645ce32719bb44df93f9afb6a64216_sなので引越しの料金を安くしたければ、こちらがそうなれば良いのです。という事で、この方法は引越し前に行う事に意味があります。まずインターネットで情報を集めます。それはブログや皆の掲示板でも何でも良いのです。インターネットでとにかく引越し代を調べるのです。そこで現実的な安さを見つけるのです。4人家族で関東から関西で5000円等といった非現実的な情報はいけませんのである程度の人数を調べるのです。

もしそれが嫌なのでしたら、手っ取り早いのが電話見積ができる所に電話をして今の状況をお伝えしてどの位になるかを聞いてみるのです。くれぐれも訪問見積をしてはいけません。そうすると契約をするまで帰りませんよというオーラを出してきますので注意しましょう。電話見積では実際に現物を見ていない為多少なり金額を高めで言ってきます。

ですがそれは家電量販店でいう提示価格でして、勝負はそこからなのです。なのでそこで電話して聞いた金額マイナス1万円、2万円、3万円低く目星をつけます。そして別の電話見積ができる所に電話してこう言うのです。どこどこはいくらって言ってくれているのですが、ここはいくらですか?というのです。その時のいくらいくらという数字はちゃんと上記で書きました通り目星をつけた金額をいうのです。

原価は安いので相見積りと交渉をする

84e935fac2cbe7fdf270b4ebd7c57797_s引越しは極論車で荷物を運ぶだけです。なので近場なら2、3時間で済んでしまうのです。なので原価的にはかなり低いのです。どうしても肉体的にしんどくて、自分達でやりたくないという内容だから相場が高いだけで実際の原価はそうでも無いのです。

なので見積より1、2万円程度下がった位なら別に利益は出るので、このままお客様を逃がして0円になる位ならという事で価格競争に乗ってくる事が多いのです。

そしてそれ以上に金額を下げたい場合はこういう裏ワザがあります。それは引越し屋さんの人数1人でも良いですからというのです。これは会社によっては対応してくれない所もありますが、対応してくれる所からすれば当然原価が下がるので値引きもしやすくなり安く契約してくれる可能性も高まるのです。

とにかくコツといいますか、引越しの基本は言われるがままにならないという事です。

殆どの方は引越しというのは頻繁にする事では無いという事で、高額になっても仕方がないと思うかもしれませんが、そんな余分に払うお金があるなら皆でご飯を食べにいった方がよっぽど幸せなはずです。まずは相見積もりが基本ですので、これは絶対にして価格競争を引き起こしましょう。

価格によってサービスの違いなんてものは現場の引越し作業中には起きません。なので安心して交渉していきましょう。

 





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス ,