引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

子連れ主婦の引越し後の片づけを簡単にするテクニック 【32歳 専業主婦】

      2016/05/12

e3855aa6b63dc71e3d5870ffcf079f0b_s私は32歳の主婦です。小さな子供を連れての引越しは想像以上に大変です。とくに引越し後の片づけはとても時間と手間がかかる作業です。引越し前は、新しい家に引越す喜びから、荷造りも苦痛に感じません。ところが、引越した後は手続きに役所や学校に行く用事が増え、ダンボールを開ける時間すら無くなってしまいます

また、やっとダンボールを開封しても梱包資材が多くて、大量のごみも出ます。せっかくの新しい家にごみの日まで大量の梱包材を保管しておくことは気になるものです。そこで、効率よくダンボールを開封できるテクニックと梱包材のごみを最小限にするテクニックを紹介します。

ダンボールに数字

引越し後は、家でダンボールをひたすら開ける作業の繰り返しです。小さな子供がいると、片っ端からダンボールを開けては遊び始めてしまって余計な仕事ばかりが増えます

そこで、荷造りする段階からダンボールに開封する順番が一目でわかるように数字を書いておきます。一般的には、ダンボールには中に入れた商品名を書きます。確かに中に入れた荷物が一目でわかり便利ではありますが、開ける順番が一目で理解することがわかりにくいのです。

引越した直後は子供を一人で遊びに出すことも心配なので大人の目が届くところにおいておきたいものです。

そこで、小さな子供でもわかるように開封する優先順位を数字で書いておくのです。そうすることで、小さな子供でも開ける順番が理解できて手伝いをすることができます。子供にとっても引越しの手伝いができることはとてもうれしいことなので一石二鳥です。

梱包材はタオル

d24e2281c6cb10e95c435759a56f9e30_sそして、梱包材のごみを減らすテクニックは、梱包材の代わりにタオルを使うことです。割れ物だけは、引越し業者がくれる梱包資材に包みます。それ以外の品物は、いつも使っているタオルやバスタオルに包みます。

そうすることで、ダンボールを開封して品物を取り出すたびに、梱包材ではなくタオルがでてきます。タオルは、たたんで重ねておけばいいのです。引越した直後からタオルはたくさん使います。ダンボールを開けるたびにタオルも取り出すことができるのです。

引越しの荷造りをするとき、主婦は荷物が割れたり壊れたりしないようにすることばかり考えがちです。しかし、意外と荷造りした荷物を開封する作業に苦労することが多いのです。

このダンボールに開封する優先順位を数字で書いておくテクニックと梱包材のかわりにタオルを使うテクニックは、引越し後の荷物を整理する作業を楽にする効果が期待できるちょっとした裏技です。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , , ,