引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

一人暮らしなら引っ越しを業者におまかせが楽 【25歳 会社員 男性】

      2016/05/16

5ec2515a531449674afe83660387b879_s私は、男性、25歳、会社員です。独身で、会社の寮に住んでいます。昨年、転勤が決まった際に、一人暮らし専用の引っ越しらくらくパック(正式な名前は忘れてしまいました)を利用しました。

引越しの内容は、都内の会社の寮から、同じ都内の、30km位離れた寮へ荷物を運んでもらうだけです。ただ、会社から引っ越しの料金は全額補助してもらえるので、費用にこだわらず、比較的、楽な引っ越し方式を選べました。

単身パックよりらくらく引越し

単身の引っ越しパックだと、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、布団一式等がメインの荷物になります。しかし、引っ越し前に荷物をまとめるのも一人では時間がかかりそうでした。仕事は忙しく、荷造りの為の休みもとれそうにありません

さらに、引っ越しの日程の調整が難しくなってしまいました。引越し元の部屋から、荷物を運び出すのに、立ち会う事ができなくなったのです。事前に、引っ越し先の部屋に、自分一人が行って鍵を預からないといけなかったからです。

これらの悩みを全て解決してくれたのが、引っ越し業者の「らくらく引っ越し」サービスです。今まで、住んでいた部屋から荷物を運び出すのに、引っ越し業者さんにすべてお任せしました。

荷造りは、ある程度は、自分でやりました。引っ越し業者さんが、事前に段ボールと梱包用のビニール緩衝材等をくれました。自分の趣味で集めていた、DVDや、本などは、その段ボールに順番に詰めていきました。

また、食器は業者さんから頂いた、割れ物の梱包用の専門のボックスがあり、その中に入れました。その為、割れないように一つ一つ新聞紙などで包む手間は省けました。日用品は、タオルなどを段ボールに適当に詰めていきました。

ハンガーにかけたままでOK

ea89a934c1c9991bf2596962a64f5676_s引越しをした時期が夏だったので、冬物衣類も段ボールに詰めて引っ越し準備をしました。自分がとても驚いたのは、「コートなどは、ハンガーにかけたままで大丈夫です」と引っ越し業者から言われた事です。

引越し業者さんが、ハンガーラックを持ってきて、私の衣類をハンガーにかけたままの状態で、トラックの荷台に乗せるようです。ですので、自分はTシャツなど、たためる衣類に関してはたたんで段ボールに詰めました。

ジャケットやワイシャツ等は、ハンガーにかけたまま、引っ越し業者さんにお願いしました。

洗濯物も干したまま

また、引っ越し当日まで、その部屋で暮らしていたので、洗濯物も干したままです。その洗濯物も、「洗濯ピンチに掛けておいてくれて大丈夫です」と言われました。そのまま(ピンチに掛けた状態のまま)引っ越し先まで届きました。布団は、布団パックに入れておいてくださいと言われました。

距離が近かったので、段ボール、ハンガー、布団など全ての荷物が、引っ越し先までその日のうちに届きました。私は引っ越し先で待機していれば良いだけでした。これは、社会人の一人暮らしの人にとっては、大変便利な引っ越しパックです。
この方式を利用すると、時間の節約になり、忙しい仕事の合間に荷造りをしなくて済みます。また、引っ越し先で、すぐに使いたい荷物は、すぐに取り出せるように分けておけます。

特に、ハンガーにかけたままワイシャツを運べるのは、引っ越しの翌日からきれいなワイシャツで出勤できるのでとても楽です。布団一式も、当日中に引っ越し先に届きますので、夜に布団が無くて困る事もありません。一人暮らしの方にはとても効率的な、引っ越し方法だと思います。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , , , ,