引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

引越しの苦しみを最低限に抑える方法とは 【42歳 会社員 男性】

      2016/05/18

cc811e2d89de5740efc9e02237ef65ca_sこれから引越しを考えている方に注意しておいて欲しいことがあります。それは、引越しは費用だけでなく多大な労力も必要になるということです。

生きている間にそこまで引越しを経験する方は少なく、右も左もわからないままに業者に依頼して必要以上のお金と労力をかけてしまっている方も少なくありません。

あるある話の中のひとつに「引越しは荷物を運ぶだけ」というものがありますが、引越しとは知識や計画性がなければ無駄な時間や労力を費やすことになります

しかし、どうやって必要な知識や計画方法を得たらいいかわからないと思います。そこで著者の経験談を含めて「必要最低限の労力で引越しする方法」をご紹介したいと思います。

運搬は引越業者へ依頼

まず始めに知っておきたいのが「引越し前」についてです。引越し前は荷物の梱包や部屋の清掃でバタバタしてしまい、引越し当日までに荷物の梱包が間に合わないという方も多くいます。

そのため、そのような事態を避けるためには、引越し業者へ運搬依頼するものと廃棄するものを事前に決めておくことが大切です。引越しは梱包で始まり、開梱して決められた場所に収納するまで、とても長丁場の作業になります。多少お金がかかったとしても運搬作業は引越し業者へ依頼することを推奨します。

家具の配置をあらかじめ決める

6e9de959232bc06577d7d3b40c7e9ae5_s尚、引越し前にもう一つチェックしておきたいことがあります。それは引越し先の間取りやレイアウトです。引越しでよくあることとして、引越し先で衣装ケースやタンスなどの家具が間取りに合わないことがあります

この場合、多くの方は新しい家具を購入し、お金を払って古い家具を廃棄します。楽に引越しするコツは、不動産業者へ依頼して事前に間取り(寸法)を確認し、まずは大きな家具の配置をあらかじめ決めておくことです。

そうすることにより、事前に引越し業者へ不用品回収を依頼することもできますし、後からの手間を大きく省くことができます。

引越し中の隙間時間を有効活用

次に、引越し中についてですが、作業中は業者が慌ただしく作業をしているのでジッと見守っている方もいますが、それでは時間がもったいないので隙間時間の有効活用をするといいでしょう。

隙間時間を上手に使うためには、レイアウトを図面化しておき荷物を運び入れる場所ごとに番号を書いておきます。引越し業者は段ボールに書かれた番号を見て図面通りに振り分けるだけなので、作業の時間短縮にもつながりますし何といっても開梱作業がとても楽になります。

荷物を適当に山積みされてしまうと後片付けが本当に辛いものになってしまいますので、事前準備はしっかりとしておくことが大切になります。

並列作業

何とか引越し作業が終わっても、そこから収納作業をするのですが、ここでも知っておきたいコツがあります。それは、先に収納ケースやタンスを搬入しておき並行作業を行うことです。

具体的には、段ボールを番号別に時間帯をそれぞれズラして搬入してもらい業者の作業を邪魔せずに収納をすることができます。

尚、もっと手間を省くためには収納ケースごと段ボールに梱包する方法もありますし、近場での引越しであれば事前に運び入れておくことなども方法としてあります。

引越し作業は少なからず手間が掛かってしまうことですが、労力を可能な限り最低限に収めることは可能ですので、ぜひこれからの引越しにお役立てください。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , , , ,