引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

不用品処分と作業者への気遣い 【28歳 OL 女性】

      2016/05/12

f3fed6380f3aa9320875f614c65171c1_s引っ越しをする場合、引っ越しをする前に出来るだけ不要なものを処分することが重要だと考えています。引っ越しの単価は荷物の量によって左右されますので、余計な荷物があるとその分余分な費用がかかります。

よくある「とりあえず持っていって引っ越し先で片付けるときに捨てればいいや」というのは止めるべきです。そういう考えで持っていったものほど結局段ボールを開けずにそのまま押し入れの肥やしとなってしまうからです。

そしてそういう段ボールが押し入れのデッドスペースとなり、収納スペースが足りなくなる要因になります。引っ越しの荷造りをする前にまず不要なものの整理は一番重要です。

作業者への配慮

次に引っ越し中は作業をされる方への配慮が重要です。もちろん依頼主はお金を払って業者に依頼をするわけで、お客様ではありますが、実際に作業される方も同じ人間ですから気持ちよく仕事をしたいと考えています。

一方的に「あれやれ」「これやれ」と指示してしまうのは、相手が不快になり、荷物の運搬が適当になってしまう危険性すらあります。

そうしたときに使えるのが近くスーパーで買ってきた缶コーヒーやお茶です。こうした飲み物を作業の休憩時間にそっと差し入れます。作業中に飲むのを禁止している引っ越し業者もありますが、終わったあとには飲めるわけで、もらった方も損はしません。

あまりこういうことをする人がいないのか、人によっては大変に喜んでくれて、そのあとの仕事の正確性がすごく良くなったなんていう事例も存在しています。

一言のお礼

56c67912813a99ac4ade3845295abe0c_sお互い気持ちよく引っ越しが出来るように配慮することは重要といえます。また、引っ越し中には荷物の運搬で指示をしなければならない場面も出てくるでしょう。そうしたときにただ指示するのではなく、「ありがとう」「すみませんね」などといった一言を付け加えるのも手です。

お礼を言われて嫌な人はいませんから気持ちよく作業をしてもらえます。荷物も丁寧に扱ってもらえますので、事故もなくなり、ちょっとした一言でお互い気持ちよく終えることが出来ます。

そして引っ越しが終わったあとですが、元々住んでいた方の部屋をもう一度きちんと掃除をしましょう。立つ鳥跡を濁さず、ではないですが、住み終わったあともきれいに片付けることで、管理会社や大家さんの心証が良くなり、本来全額帰ってくるはずのなかった敷金が半分くらい戻ってきたというケースもあります。

もちろん金銭的な問題だけでなく、次にまた引っ越すことになったとき、もしかしたらいままで住んでいたところの管理会社や大家さんの物件に入ることになるかもしれません。

このときの印象が良ければ敷金を安くしてくれたり、優先的に物件を見せてくれたり、いろいろと便宜を図ってくれることもあります。退去も気持ちよく行いたいものです。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , , ,