引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

事前に搬入場所を決めないと大変 初めての引っ越し失敗体験 【専業主婦】

      2016/06/10

46もう、大分昔の引っ越しの話です。だから、時効(笑)でしょうか?その後の改善は行われているという前提で、ここに、かつての私のお引っ越しのことを詳らかにしたいと思います。

その頃、私たち親子4人は、大阪市北区の公団住宅に住んでいました。もともと田舎育ちの主人と私は、いつか田舎に引っ越そうと考えていました。
当時住んでいたのは、建物の11階。景色はとてもいいのですが、なんともお尻の落ち着かない感じがする暮らしでした。そんな頃に、帰省した主人の里で、土地を購入することになり、その後すぐに家も建てることになりました。

建ててしばらくは、大阪での暮らしをしていたのですが、土地転がしの疑いを掛けられ、あわてて引っ越すことになりました。

そんなこんなで、見積もりをお願いしたのが『サカイ引っ越しセンター』でした。見積もりをすると、お米がもらえるということだったのです。

営業の方の見積もりは案外あっさりしたもので、タンスの数、その他家具の数等で、予算を出してくれました。まぁ、そのくらいだろうなという金額でしたので、引越しをお願いすることにしました。

 

さて、引っ越し当日です。実は、主人は家で仕事をしていて、その日も納品がせまっている仕事をしながらの引越しでした。

折しも、夏休みということで、まだ、小学校1年生の長女と3才の長男は、家のいる状態、ぎりぎりまでテレビを見せていました。

これは、こちらのミスなのでしょうが、テレビを早々にトラックに積み込みたいという引っ越し業者さんは、テレビのアンテナジャックを思いっきり引っ張ってはずし、どんどん運んでいきました。

その勢いに圧倒されて、なにも言えずいたことを、今でもちょっと悔しい気持ちで思い出すことがあります。テレビは幸い壊れませんでしたが、テレビを視聴している状態で線を力ずくではずすというのはびっくりでした。

 

この時に、見積もりの人と実際作業をする人との温度差を感じました。もう、いろいろこちらが段取りできていないものは、積み残されていくんだなぁと。

それと、ちょっと甘めの見積もりだったようで、おもったように荷物が詰め込めなかったようで、業者さんが愚痴っていたのを聞いてしまい、それって、私たちのせいですかって思いました。

それでも、どうにかパツパツに積み込んで、我が家のお荷物たちは、岡山へと向かうことになりました。

 

私たちも、荷物が着く前に新居に行っておかなくてはいけないので、さっそく出発しました。

次の日、田舎の細い道に入ってきたトラックは、早朝の静かな住宅街にまるでロケットでも飛んできたのかというくらいの轟音を響かせて、やってきました。

都会では、あまり気にならなかったトラックの大きさや騒音も、引っ越し先の環境を考えて、時間帯なども考慮しなくていけないことに気づきました。

そのあと、引っ越し屋さんが怒濤の勢いで荷物を家に入れ始めました。これも、引っ越し初心者にはわからなかったのですが、何処に何を置くのかを、事前にきちんと決めておかないと大変なことになるということです。

参考 →荷造りの注意点

なにも置かれていなかったリビングには、本来あるはずのない家具たちが、ぎゅうぎゅう詰めに置かれて、あれよあれよ言う間に、引っ越し屋さんは搬入を終え、さっさと帰っていきました。

さぁ大変です。ほんとうにしまったと気づいたのは、それからでした。力自慢の引っ越し屋さんがいなくなって、なんとかなんとか苦労をして荷物の移動をする始末。暗くなっても終わらなかった引っ越し初日のことは、今でも忘れません。

さまざまな失敗をしましたが、初めてでは分からないことがいっぱいです。次回、お引っ越しをすることがあれば、この経験を存分に活かしたいと思います。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - サカイ引越しセンター , ,