引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

サカイ引越しセンター 引越作業中に洋服ダンスが破損 【30代 男性 会社員】

      2016/06/08

h-18私は30代男の会社員です。結婚を機に妻とアパート住まいをしていました。1人の娘もさずかり3人で暮らしていたのですが、83000円という家賃が家計のネックとなっていました。

そんなことがきっかけで、ある日私は母に「実家に嫁と娘と引っ越していいか?」と相談を持ちかけたところ、快諾をしてくれたのが引っ越しのきっかけとなりました。

 

アパートと実家は車で30分程度かかりますが、同じ浜松市内なのでそんなに費用もかからないだろうと思い10万円を予算に引越業者の選定に取り掛かりました。

迷ったのは「サカイ引越センター」と「アリさんマークの引越社」話と見積りは両社から聞いたのですが大差はなかったので、私が中学生の時にも利用したことがあった安心感から「サカイ引越センター」に依頼することにしました。

参考 →「引越し一括見積りサービス」の比較

そして引越当日、若い20代と思われるお兄さんが2人来てくれました。1人は寡黙で真面目そうな上司と思われる男性のスタッフさん、もう1人は明るくて元気一杯の年下と思われるスタッフさんでした。

2人とも感じがよくフレンドリーに接してくれたので、娘も恐がることなく引越を楽しんでいるかのようでした。また手際よく気遣いもできる青年たちで、これは気持ちよく引越ができそうだと思っていました。

 

254469アパートからの荷物の積込みは何の問題もなく終わったのですが、トラブルは新居に着いて荷物を運びこむ際に起きました。若い方のスタッフさんが、手を滑らせて洋服ダンスを落としてしまったのです。

幸いスタッフさんにケガはなく、タンスも破損した見た目は多少目立つものの、タンスとしての機能に全く問題はなさそうな破損でした。

 

すぐに2人とも謝罪してくれ、弁償すると言われましたが、私は大したキズではなかったので弁償は構わないと伝えました。その後、若いスタッフさんが気を落としてしまい、縁起のいい引越ムードだったのが一変、お通夜のような重苦しい雰囲気になってしまいました。

私は若いスタッフさんに気にしなくていい、仕事でミスしない人間なんていないよと励ましましたが、立ち直ることができなかったようで、終始謝罪ばかりでした。

 

作業が終わり、タンス破損の件で会社の部長を名乗る方からの謝罪の電話もありましたが、お気になさらずにと伝えることしかできませんでした。またタンスの補償も打診されましたが、愛着のあるタンスだったのでお断りしました。

私も妻もタンスを破損されたことに関しては、なんのわだかまりもありません。ただ破損した後の重苦しい雰囲気で、明るい引越ムードが一変してしまったのがとても残念でした。

スタッフさんの帰りに、おめでたい日を分かち合いたいが為に、用意していた祝儀も受け取ってもらえず、なんとも不完全燃焼な引越終了となってしまいました。失敗してしまったのは仕方のないことです。ですが客商売なのですから、もっと割り切った歯切れの良い対応をしてもらいたかったです。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - アリさんマークの引越社, サカイ引越しセンター , , , , ,