引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

引っ越しの際には、いらないものはどんどん処分して、ごみはごみ焼却場へ持参 【35歳 専業主婦】

   

9a7d7fc9cfcd90ff84c30941571d2264_s私は35歳の専業主婦です。主人と結婚してからこれまでに2度の引っ越しの経験がありますが、私が引っ越しの際に必ず使うテクニックは、引っ越しの際に不要な物を一気に捨てて、新居では物が少ない生活を送れるようにする事と、引っ越しの作業の際に出たごみは清掃局へ持参するという方法です。

 

普段の生活ではなかなかいらなくなったものなどを処分するタイミングがありませんし、毎日の生活の中で、やっぱり使うかもしれないと思って物を取っておきがちで、家の中にどんどんと物があふれてしまいます。このような荷物を引っ越しの際に新居に持って行ってしまうと、またつかわずに倉庫に眠ったままになってしまいます。

使っていないもは処分

ですから、引っ越しをする際には、まず梱包作業の前に、いるものいらないものをしっかり整理して、いらないものはどんどん捨ててしまうようにします。ここでポイントなのは、基本的に1年間使っていないようなものは処分してしまうという事です。

この区切りをしっかりとしないでおくと、引っ越し先に不要な物をどんどん持って行ってせっかくの新居がスッキリした住まいにならなくなってしまいます。

焼却場へ持参してコスト削減

3912c1c400dbcd995e0c2308afe5686a_sそして、出たごみの処分が困るところですが、ここでポイントなのがゴミをゴミ清掃局へ持参するという事です。引っ越しの際には大量のゴミが出てしまいます。このゴミを粗大ごみとして家の前に出して、清掃局の人に取りに来てもらうと費用が結構な金額になります。

粗大ごみの処分費用も馬鹿にならないので、このコストを削減するのに効果的なのが、ごみを焼却処分場へ持参する方法です。

ゴミを焼却処分場へ持参すると、ごみを引き取りに来てもらうよりもずっと低料金でごみを処分することが出来るのです。

注意が必要なのは、大量のごみがある場合で、使用する車がセダンタイプの車だと、車の中にゴミがあまり積載できないので、何往復かしなければならない場合が出てくることです。ワンボックスタイプの車であれば意外にゴミが積載することが出来るので、自分で焼却場へゴミを持ち込んでもそれほど苦ではないと言えます。

引っ越しには結構な費用がかかるので、出費を抑えることが出来るところは可能な限り抑えて、自分で出来る部分は自分で行うという方針にすれば、家計にかかる負担を抑えることが出来ます。また、引っ越しの際にしっかりといらないものを処分しておくと、新居で荷物が溜まる事も抑えることが出来て、快適な新生活を始めることができます。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , ,