引越し会議|引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談など

引越し価格の見積もりや相場、業者とのトラブル体験談などをまとめています

単身者向けの引越しを格安で済ます裏技 【32歳 専業主婦】

   

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s32才女性、専業主婦で3人の子供がいます。紹介する引越し方法は、大物家具・家電が少ない方や単身の方、特に単身赴任をされる方が引越しする際にオススメする方法です。

我が家も数年前に九州から関東への引越しを行いました。これまで行なってきた引越しは近距離だったので、毎回トラックを借りて自分たちで行なっていたのですが、今回は遠距離だったので、自力での引越しはできませんでした。

それで業者に頼もうという話になったのですが、あまり費用はかけられません。重要視したのはいかに安く引越しをするかということです。そこでできるだけ調べたり、人に聞いたりして、色々比較、検討してみることにしました。初めは単身パックを利用するのが一番安いと聞いて簡単に見積もってみました。しかし遠距離なのもあって、安いと言ってもそれでも20万円以上になりました。荷物をギリギリまで減らしてこの金額だったので厳しい金額です。

ゆうパックを使う

そこでさらに考え悩んだのですが、最終的に行き着いた方法が、ゆうパックを使う引越し方法でした。ゆうパックといえば、小荷物を送る物であって、引っ越しができるイメージは無いと思います。確かにゆうパックだと運べるサイズや重さに制限があるので、大物家具や家電は運べません。しかし、それらを除けばほとんどの荷物がゆうパックで送ることができるのです。

ゆうパックで送れる規格は3辺の合計が170cm以内、重さ30kgまでです。この規格内ならほとんどの荷物を送ることができます。我が家はこれでお皿や衣類から、電子レンジや炊飯器などの家電、ちょっとした家具なども全て運びました。衣類なんて3段ラックに入れたままダンボールに詰めて運んだくらいです。

荷造りがあらかた済んだら、まえもって郵便局に電話しておけば、まとめて取りに来てくれます。持ち込めば少し割引もありますが、荷物が多い場合引き取りに来てもらう方が楽です。ただし繁忙期は急な予約は難しい場合もあるので、数日前には予約することをオススメします。

10箱以上で2割引に

3b2e0eca25a54cd772f12fda7a6846c6_sゆうパックで引越しをする際に大事なポイントは、荷造りの際にダンボール10箱以上にすることです。ゆうパックは10箱以上になると数量割引が適用され、一つ約2割引になります。この値引きが大きいので、荷造りをする際は必ず10箱以上にすることをオススメします。我が家の引越しは、ゆうパックで20箱近くになりましたが、それでもなんと3万円ほどで済みました。引越し業者をお願いすることを考えたらかなりの格安料金です。

他にゆうパックを利用するメリットは、引越し業者を貸し切っての引越しでは無いので、3月・4月の引越しシーズンでも予約が取れなかったり、割り増しになることが無い点や、普通の荷物同様、日時指定ができるので受け取りに便利な点などがあります。あと、業者に頼む場合の引越し費用は、例えば九州から関東に運ぶ場合と関東から九州に運ぶ場合では、同じ距離なのに金額が大幅に変わります。関東から九州に運ぶ際の方が断然高くなるのです。しかしゆうパックの場合は変わらないので、その点も助かります。

単身赴任の方にオススメ

また、ゆうパックの発送には現金だけではなく切手での支払いもできるので、家に使い道の無い切手が余っている人にとってはそれも助かります。ただしゆうパックでの引越しは、最初に記述した通り、規格を超える物は送ることができません。例えば、布団や洗濯機などは運べないので、違う方法で輸送する必要があります。ですので、このゆうパックを使った引越し方法は、荷物が少ない人や単身赴任の方にオススメなのです。

我が家はゆうパックで送れない大きな家具・家電は全て預かってもらったり処分して、あとは引越し先で新たに購入しました。細かく計算したところ、その方がずっと安く済んだからです。

このゆうパックを利用した方法は、全ての人に有効な引越し方法ではありませんが、条件に当てはまる人にとってはびっくりするくらい格安で済む方法です。友人や家族にもこの方法を紹介して格安の引越しができ、喜ばれたので、ぜひ引越し方法の一つとして検討してみてほしいと思います。





引越しの際には「一括見積りサービス」を使って、引越し費用の比較をするのが一般的です。
ところが「一括見積りサービス」にも色々とあるのですね。

こういったサービスでは、引越し業者の営業さんからひっきりなしに電話がかかってきて大変という話もあります。
ところが、それを避ける事ができる一括見積もりサービスなんかも存在しています。

→「引越し一括見積りサービス」の比較はこちら



まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - 引越しのコツ・アドバイス , , ,